ロゴは専門家に依頼

ロゴを何とかしなければ!
と頑張ってみるも・・・
「こりゃぁ〜無理だわ!」
と早々に諦め、デザイナーさんを探し始めたが、見つかりません。

探し続けること数日、ようやくあるデザイン事務所を発見し、恐る恐る問い合わせました。
すると・・・

ターゲットの性別や年齢層、ショップイメージ、使いたい色、使いたいモチーフをヒアリングされた後、何点かデザイン案が提出してくださいました。
「すごい親切やん!」

studio portray

提出されたデザインをベースに、若干の修整を加えたものが、当店のロゴです。
基本的に大人のお客様の直感に訴えるようなデザインとカラーリングを一番に考えていただきました。

デザイナーさんは、ロゴから複雑なラインやエフェクトは一切省き、単純なラインとカラーリングで、当店の技術の確かさや、お客様への忠誠心のブレの無さを著してくださいました。

 

後日談

オープン当初、小さなお子さんは「あっ!カメラ!」とロゴを指して声をかけてくれます。
が、大人の方は「三日月?」。

当初の趣旨とは異なる反応ですが、小さなお子さんが、大きな声で説明してくれているので、大人の方にも写真館だと分かり始めたようです。